ACTIVITIES活動報告

野党のイメージと実際のところ ジレンマのお話

先日、党内のある会議で、我々立憲ではワクチンプロジェクトチームを立ち上げたり、数多くの部会やチームが動いて政策論議をしている、これをもっと発信していかないと、切り取られた報道でのイメージでしか伝わらずもったいない、党としても発信に工夫を、との趣旨の意見(注:文言は正確ではありませんが、こういう趣旨でした)が出ました。

野党議員の活動というのは、TVのイメージそのままではないんです。。です。。です。

実像と乖離していることにジレンマを抱き、もっと建設的な部分が伝わるにはどうしたらいいか模索している議員も勿論います。青山もそうです。

取材で現場に来られる報道でさえ切り取りになってしまいますから、

ましてや現場にいない人たちによるものはいわんや、です。

じゃあどうしたら伝わるか、日々摸索です。

 

有権者の方とお話をする機会があり、つくづく思いました。

ええ、まさにそこなんです(>_<)というお話です。

事務所FBでの発信が追い付いていないのですが、今国会でコロナ対策、救済対策となる議員立法も色々と提出しています。後でまた記事にします。。

 

最近のキホンの記事

選挙区は茨城6区で活動中 青山やまと(青山大人)です。

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

ブログ内の新型コロナウイルス対策関連記事一覧◆(青山やまとの公式サイトブログへ飛びます)

国会あれこれ(新聞の日程動静欄の話)

議会政治いろいろ 野党の行動の意味にはこんなことが

 

最近のコロナ関連 ピックアップ記事

党内ワクチンプロジェクトチーム発足 重要なこと

【特措法改正案議論や、独自緊急事態宣言下の事業者支援充実に向けて】

【独自の緊急事態宣言下の事業者に不公平とならないように提案】