ACTIVITIES活動報告

5/8農水委員会レンコン害虫対策や研究施設老朽化対策など

【5/8の農水委員会の質疑のご報告】
遅ればせながらの報告で恐れ入ります。農水委員会での青山からの質疑のポイントは3つ。以下、簡潔ですがまとめました。



① 地元土浦ではレンコン(土浦は日本一の産地)のネモグリセンチュウ被害に長年悩まされている。輸出品としても今後注目度の高いレンコン。センチュウ被害で品質劣化につながるため、具体的対策をお願いしたい。(注:レンコン害虫対策は青山が県議時代から取り組んできたテーマでもある)
→政府回答:効果の見込まれる農薬の早期登録に向け速やかに手続きを進めたい。大学の研究支援も以前行った。県に対して必要な協力をしていきたい。
② 農産物の物流改善、効率化について。ドライバーの高齢化や人手不足、パレットサイズがばらばらであること等が課題となっている。パレットサイズ統一化について、取組状況、成果を伺いたい。
→政府回答:トラックドライバーの負担軽減が課題となっているのは認識している。パレット規格統一は重要だと考えている。実証事業をやっているところだ。製造業者等関係者の理解の醸成も必要で、関係省庁と協力しながら進めていきたい。
③ つくば市の農研機構、森林機構等の研究施設の老朽化が進んでいる。働きやすい環境作りのため、取組み、予算確保について伺いたい。
→政府回答:設置目的に即して十分なパフォーマンスができるよう、施設の推進に支障が出ることがないよう、必要な予算確保に最大限努めてまいりたい。
追記:2020/7/14 レンコンのセンチュウ対策で農薬登録が実現されました。
◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇
◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)