ACTIVITIES活動報告

【土浦花火大会2021 日程決まる 開催可否はまだ】【キララまつり2021は開催方法変更】

6/30【土浦花火大会2021 日程決まる 開催可否はまだ】【キララまつり2021は開催方法変更】地元土浦

 

土浦花火大会。コロナで昨年は中止、その前は強風で一部中止と、その前も強風で途中から中止と、最後までフルに花火が打ちあがっていたのは2017年。遠い昔のようです。

今年は11月6日に日程が決まったとのことです。そして、開催可否は8月頃に判断するとのことです。

 

土浦全国花火競技大会のお知らせページ

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/kantan/?detail=true&id=398&cat=1

 

昨年、コロナで多方面の業種に影響が出る中、花火業界も例外ではありませんでした。

政府へ野党から意見を伝える貴重な機会であるコロナ合同本部で、このままでは伝統芸能・工芸である花火技術が存続できなくなるおそれがある、と青山は花火業界の実情を伝えました。

 

当時、政府へ伝えた内容はこちら。 2020年 土浦全国花火競技大会は中止 【土浦市】【花火大会】

さて、「土浦キララまつり」ですが、今年は開催方法が変わります。

歩行者天国は中止、模擬店やパレードなどもありません。

ただ、7/23~8/8の間(ちょうどオリンピック期間も重なります。中止にならなければ。)、

幕開けと締めの花火や、街中での七夕飾りの装飾、キララちゃんの出没(!)、土日の遊覧船操業等があるとのことで、

少し晴れやかな雰囲気を感じることができそうです。

 

昨年のキララまつりは中止でした。昨年の記事もあります。こちら。つくばみらい市 土浦市 プレミアム商品券 地元を支えるコロナ対策

 

 

最近のキホンの記事

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

新型コロナウイルス対策関連 野党側からみた国会の動きの記事一覧◆(青山やまとの公式サイトブログへ飛びます)

国会あれこれ(新聞の日程動静欄の話)

 

□最近のピックアップ記事□

野党のイメージと実際のところ ジレンマのお話

2021/5/25 最近の国会から アスベスト訴訟、入管法改正、オリパラの話など

石岡八郷筑波周辺【イノシシ対策】具体的提案のほか、研究施設の【施設整備費補助金】減額の見直しを求める