知恵を貸してください

2011年03月20日

恐れていたことが起きました。

全国第二位の農産物出荷額を誇る茨城にとって風評被害はこわい。

そもそも今の時期、露地産のホウレンソウなんてあるのだろうか。

ちょうど昨日、茨城の農産物が、風評で西日本から取引キャンセルが増えて困っているとの相談があった矢先のことだ。早朝より、農家の方々から不安の電話がじゃんじゃんかかってきた。早急に対策しなければならない。

どうしたらいいだろうか?やり方を間違えるとかえって逆になってしまう。皆さんのお知恵をお貸しください。

とりあえず、これから北茨城へ行ってきます。

posted by 青山大人 at 09:17 | コメント(10) | 震災関連最新情報

今日の青山大人 ブログ新着記事

生活支援臨時給付金 要件改善を

2020年04月10日

生活支援臨時給付金 要件改善を

*記事更新は青山やまと事務所Facebook 又は 議員本人による青山大人Facebook の方が早いです。 下記の記事は青山大人Facebookからの記事抜粋です。 4/10 【生活支援臨時給付金 ...続きを読む

4月1週目 経済対策を含む緊急提言申入れ

2020年04月03日

4月1週目 経済対策を含む緊急提言申入れ

*記事更新は青山やまと事務所Facebook 又は 議員本人による青山大人Facebook の方が早いです。 下記の記事は4月1週目の青山大人事務所Facebookからの転載です。昨日4/2に野党共同...続きを読む

追記あり:3/31農水委 和牛の学校給食利用を提案 大臣が関心を

2020年04月01日

追記あり:3/31農水委 和牛の学校給食利用を提案 大臣が関心を

*記事更新は青山やまと事務所Facebook 又は 議員本人による青山大人Facebook の方が早いです。 この記事は3/31の青山大人Facebookからの転載です。 今日の衆議院農林水産委員会の...続きを読む

コメント [10]

1 - kirin413 さん

報道が正しく行われることではないでしょうか?茨城県産とひと括りにされることが怖いと思います。

放射能が検出されたのは福島県との県境や、原発から一定の近距離の物だと思います。ですからその事実と、たとえばアメリカが原発から80Km以内のアメリカ人の避難を求めたようですが、それ以上離れた地域の物は安全だということを報道してもらうのが良いと思います。

農家やJAが訴えても誰も聞かないと思います。あくまでTVや新聞の報道は信じやすいので、報道を使った情報発信が近道と思います。

2011年03月20日 09:40

2 - 白土義彦 さん

被災直後から茨城放送と先生のブログを頼って生活しています。茨城放送が通常プログラムに戻ってしまったことに周辺の方々も驚きを隠せません!あとは先生のブログだよりです!
すいません記事の直接的な解決案ではありませんが復旧と関係の無い部署で勤務していることの虚しさと電力、ガソリン、人力の無駄を考え次の提案をします。

突然のメール失礼します。茨城県土浦市の国家公務員の白土と申します。
 被災し3日間家族で車中生活をしてました。子供たちも余震の度に目が覚め、娘は体調を崩しています。

 たくさんの人命が危険にさらされています。
被災だけでなく、不安からの買い占めによる二次的な被害も何とかしなくてはいけません。今日、ガソリンを探しているときに救急車が閉店したスタンドの前で路頭に迷っている姿をみました。土浦市でもこの状態なので震源に近い地方はそれどころではないはずです。何とかしなくてはと思い、

「公務員総動員計画」

を提案します。ガソリンの問題、節電の問題、ボランティアの問題についての解決案として自分なりに考えました。

 ガソリン切れは報道されているとおりですが、思ったよりも供給の回復がおそく、これもさらなる買いだめに走らせているのかと思います。そこで
「復旧に直接関係ない官公庁(出来れば民間会社も)は、可能な範囲ですべて業務を停止または縮小する。業務が停止した者のうち可能なものは災害復旧ボランティアに参加してもらう。」

これによるメリットは、
1、通勤のためのガソリン確保の必要がなくなり、そのガソリンを本当に必要な復旧作業の方々へまわせる。
2、1がなくなることでスタンド渋滞を減らせる。
3、官公庁が開庁しているだけでかなりの電力が必要になるが、これを節電できる。
4、業務がなくなることにより、被災していない公務員がボランティア活動に参加できる

 「何かできることはないか、何か協力したい」と思っていても仕事があるからいけない人はたくさんいると思います。ボランティア休暇があるのは知っていますが、大半の職場は絵に書いた餅で、よほど理解ある職場でないと「本当に取得するの?」という職場が多いと思います。業務がなければ職場に気兼ねなくボランティアに行けると思います。

 私はライフラインとは関係無い事務を扱う役所ですが、お客様もほとんど無く実質仕事ができない状態なのに、国や上級庁が閉庁(休業)の判断をしません。
このため出勤してもほとんど仕事にならなのに通勤往復のガソリンが無駄にかかり、ここにきてガソリンが入手できず、あと1,2日で出勤できなくなるかたも多数います。もちろん災害時でも必要な業務がある部署もあるとは思いますが、最小限にすることで上記のようなメリットがあります。

あなたの家族、友人、恋人などの大切な方が被災していることを想像してください!
また、残念ながら実際に被災してしまった方もいるかも知れません。

一つでも多くの命をすくいましょう!
あなた方にはその力が地位が義務があります!

もしご賛同くださるならば、あなたがたのできる方法で
「国や県や市区町村が早急な判断をするよう」
ご協力ください!

突然のメール失礼しました

2011年03月20日 09:56

3 - 土浦市荒川沖在住 さん

下記の医師の鎌田實氏のブログは参考にならないでしょうか?

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610389/515489

・サンプル数を多くした検体採取
・徹底した情報公開
上記のサンプルもすべて公開
・チェルノブイリ等の健康被害を紹介
・健康に害を与える可能性のある商品の完全なブロック

2011年03月20日 11:08

4 - やす さん

本当にほうれん草の放射能のレベルがその値か調べるひつようがあります また 他県の物も比較対象と調べて公表し 害が無いことを示すしかありません

2011年03月20日 12:10

5 - 頑張れ茨城 さん

悔しいけど風評被害は、すぐに消えません。
これからもっと増えると思います。
地元のスーパーとかで多く取り扱ってもらうとか、県や市町村で買い取ってもらい、給食はないから、地元業者に安く卸す事しか思いつきません。

2011年03月20日 14:34

6 - La_Kota さん

毎日ご苦労様です。

官房長官からの発信は影響力がありますね。

消費者の立場になって考えると、
◆一回だけでなく、数回に渡って影響はないことを定期的に知事や農林、厚生大臣から発信してもらう。

◆こうした情報がでてしまったので、県と生産者、流通、販売者が一体となって正確な産地情報をつけて出荷。

◆細かく対策をして出荷している事を発信する事が大切だと思います。

例えば、
・収穫地(市町村)
・ビニールハウスまたは、路地物か。
・日々の放射能値を各市町村で測定、発信する。・収穫物の測定値を発表。

大丈夫、大丈夫だと言われても、信用おけるデータや情報がないと、誤った風評に左右されてしまうし、今の消費者は情報を得て自分の判断をしたがる人が多いと思われます。

また、隠蔽や手抜きの情報を発信し発覚すると、さらなる購買離れにつながるので、発信する場合は妥協せず徹底する必要があると思います。


ほうれん草は秋に種を撒けば今頃あまい美味しい物が収穫できるのではないでしょうか。

身体に気をつけて頑張って下さい。

2011年03月20日 22:01

7 - 土浦の道産子 さん

無茶な意見ですが、今の過剰と思われる不安を煽る報道を規制するのが一番かと
若しくはメディアでそれを上回る安全をアピールする
全く役に立ってなくてスイマセン

2011年03月21日 01:36

8 - 農業関係者 さん

19日の発表により風評被害すでに出ております。一部市場や量販店より茨城県産は買えない、出荷してもらってもお客さんが買うか分からない、値段がつかない可能性も大きいとのこと。これはほうれん草だけではありません。茨城県産の農産物全てです。それだけメディアの力は大きいんです。国や県などは、茨城のほうれん草や他県の牛乳、かき菜、露地物キャベツなど検出された作物のみ出荷自粛要請・通達を出し、他の作物は安全だから冷静な対応をしてくれというが、もう手遅れです。この先しばらく放射能が検出された県(茨城県だけでなく)の農産物はどん底ではないでしょうか。東海の原発の時の様になるかと思うとどうしていいかわかりません。

2011年03月21日 11:33

9 - 医療関係者 さん

放射性物質の種類と検出された量の完全な公表がないと、風評被害は避けられません。

検出された放射性物質は、本当にヨウ素、セシウムだけなのでしょうか?それらだけであるはずがありません。
県は調査結果を、その他の物質についてもすべて、公表すべきです。
その値に基づいて、各自の判断で行動することを可能にしてほしいです。

ついでに、述べさせていただくと、霞ヶ浦の水に関しても不安が募ります。
迅速&継続的なモニタリングを希望します。

2011年03月24日 06:59

10 - 東京在住 さん

中部大学の武田邦彦教授のホームページをご覧ください。今であれば土地を除染できます。4月22日朝ズバでも解説者が言っていました。土の表面数センチをとってください。今なら雨がしみこむ前にできます。
そうゆう対策前と後で土の数値を図ってください。そして県を数か所に分け、図り、暫定基準値でなく、前の基準値で安全なものだけ数値を表記して出せば安心して買えると思います。

2011年04月22日 08:19

  • 最新情報
  • ごあいさつ
  • プロフィール
  • 活動報告
  • 今日の青山大人
  • 2009年までのブログ
  • 活動報告かわら版
  • 後援会のお知らせ
  • ボランティア募集
  • 後援会入会のご案内
  • 個人献金のお願い

カテゴリ

ブログ過去記事

QRコード

QRコード

国会事務所

所在地:
〒100-8982
東京都千代田区
永田町2-1-2
衆議院第二議員会館
201号室
tel:
03-3508-7039
fax:
03-3508-3839
e-mail:
info@aoyamayamato.net

地元事務所

所在地:
〒300-0815
茨城県土浦市中高津
1-21-3 村山ビル2階
tel:
029-828-7011
fax:
029-828-7012
e-mail:
info@aoyamayamato.net
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

このページの先頭へ